定休日明けの順次ご対応となります

バードルーム(飼料試食班の小鳥部屋)日記

今週の一枚:第68回「ヒメウズラ(姫鶉)メス」

2024年03月01日

今週の一枚
ヒメウズラ(姫鶉)メス


非常に小さなウズラさん。
一般的なウズラの半分くらいの大きさですね。体も小さく声も小さいので、一般的なウズラさんより、飼育しやすいかもしれませんね。
たんぱく質が多めの餌を食べるため、シード食の鳥さんと比べると糞が匂うのが玉に瑕ですね。

可愛い胡錦鳥さん

2024年02月29日

ここで生まれた胡錦鳥さんは、今でもスタッフさん達にとっても慣れてくれています。
カメラを向けると、どうしても警戒されて上手に撮影できませんが、なんとか撮影出来ました。こうしてずっと人に慣れてくれてると嬉しいのですが、いつまで慣れていてくれるのでしょうか?


錦華鳥の雛が多数

2024年02月27日

ここのバードルームで一番繁殖成績が良いのは錦華鳥さんです。
最近は色々な体色の雛鳥達も増えて、大変にぎやかになってきました。
他のフィンチさん達は、周りにインコ類や多種の様々なフィンチがいるだけでなかなか産卵しても上手に育ったりしません。
しかし、体の小さい錦華鳥さん達は繁殖上手です。


寒くても水浴

2024年02月23日


寒い日がつずいておりますが、今日は小紋鳥さんが元気に水浴していました。
羽根がベタベタに濡れてしまい、体が冷えすぎてしまわないか?大丈夫なの?と心配していましたが、一応赤外線ランプが点いている所が有りますので、そこへ行って羽根を乾かすのでしょうね。

輸入赤粟穂が大好き

2024年02月22日

輸入の赤粟穂は品質も良いし、価格も国産穂よりとってもお得です。
今日も赤粟穂を取り付けたらすぐ、キンカチョウさんや秋草インコさん達がモリモリ食べに来ました。私もこの光景を見ているだけで嬉しくなります。

今週の一枚:第67回「頬紅鳥(ホオコウチョウ)」

2024年02月16日

今週の一枚
頬紅鳥(ホオコウチョウ)


写真を紹介するにあたり、ネットでも情報を調べたのだが、意外と情報が出てこない。
ペットショップを経営していた時には普通に店舗で見かけていたので、情報があまり出てこないとは驚きである。

社内に残る古い図鑑などを調べてみる。1960年代後半にはアフリカから多く輸入されいると書かれていた。
2010年代中盤に輸入に規制がかかり殆ど輸入されなくなるまで約40年~50年。
会長がペットショップを経営していた期間は、様々な鳥さんが海外から輸入されていたんだな。会長から名前だけは聞いた事が有る鳥さんでも、私も見たことが無い鳥さん(主にフィンチ)も沢山いる。

現在は様々なインコ達がコンパニオンバードとして暮らしており、美しい色変わりの品種も作出されている。鳥さんとの暮らし方も随分変わったのだな~と、改めて実感した。

除湿器交換

2024年02月15日

ここバードルームでは寒くなると暖房を入れて小鳥さん達が快適な温度にしています。しかし、暖房をつけると壁等に結露が発生し冷たい場所がベタベタに濡れてしまいます。
この為、以前より除湿器を入れってバードルーム内の湿度を下げて結露対策をしていました。

以前品は能力不足でしたので今回の機種に交換となりました。
セキセイインコさん等多湿が苦手な鳥さんも居ますので湿度を低めに設定しています。インコさん達にも喜ばれるかも?

三日月インコさん

2024年02月13日

三日月インコの雌の子は、ヒメコンゴウインコの「ヒメちゃん」が大好きです。
カメラを向ける前は「ヒメちゃん」に、べったり寄り添って仲良く遊んでいました。しかし、撮影されるのが嫌だったのか?撮影が終わるとすぐお食事に行ってしまいました。

今週の一枚:第66回「フィンチ部屋の様子」

2024年02月09日


2018年のフィンチ部屋の様子

下から撮影しているので、少し変な感じの写真ですね。
様々な鳥さんが同居している環境の写真。たくさんの鳥さんが居る写真。いいですね~。

微笑ましいです

2024年02月08日

今日も秋草インコ(ルビノー)さん達は、二羽で仲良くお散歩していました。とっても微笑ましいですね。
秋草インコさんやサザナミインコさんは、とてもおとなしくて他の鳥さん達との相性もば抜群で、ここバードルームの様な各種鳥さんが同居している環境では一番お薦めのインコさんだと思います。

オーストラリア小粒ヒマワリ

2024年02月06日

オカメインコさんや小型インコさん達には、オーストラリア産小粒ヒマワリが食べやすくておいしいので人気があります。
ここバードルームには色々な小鳥さんが同じ餌入れから食事をしています。
この為、錦華鳥さん達もこの小粒ヒマワリのエサ入れに来て、インコさん達が剥いたヒマワリ等の食べ残し?剥いたヒマワリの割れた実を、盛んについばんで食べています。

今週の一枚:第65回「アサギリチョウ(朝霧鳥)」

2024年02月02日

今週の一枚
アサギリチョウ(朝霧鳥)


渋い見た目の鳥さん。地味目だけど大好きな鳥さんです。
豆苗を入れたら食べにやってきたときの写真ですね。

赤ちゃん時代の姫ちゃん

2024年02月01日


古い写真を見ていたらなんと! ショップをやっていた時の写真で、ヒメコンゴウインコの「ヒメちゃん」が 赤ちゃん頃の古い写真が出てきました。
あの頃は、各種オームやインコ類の雛鳥がどんど入荷していました。
この辺のインコ類の赤ちゃんは、キクスイの(インコベビーF)と(スーパー手乗りおやつ)で皆元気に店長が育てていました。
成鳥してからも食欲のない時などはお薦めです。

クリアファイルプレゼント

2024年01月30日

クリアファイル 第28弾 烏骨鶏

クリアファイル 第28弾 烏骨鶏

2024年カレンダープレゼントが好評のうちに終了いたしました。
昨日から、中断していた「クリアファイル 第28弾 烏骨鶏」のプレゼントに戻りました。

二羽の烏骨鶏のかわいらしいショットは、チャボやキジ科のファンの方はもちろん愛鳥家さん達にも喜んでいただけるのではないかと思います。

今週の一枚:第64回「カンムリウズラ(冠鶉)」

2024年01月25日

今週の一枚
カンムリウズラ(冠鶉)


焼砂の上でまったりするカンムリウズラ(冠鶉)。
見た目の可愛さ、頭の上の冠が歩くたびにピコピコ揺れる姿で、バードルームに居た頃は目を惹く鳥さんでしたね。
ただ、オス同士は喧嘩が多発するので、落ち着くまで長く時間がかかりましたね。

今週の一枚:第63回「ホウオウジャク(鳳凰雀)」

2024年01月23日

今週の一枚
ホウオウジャク(鳳凰雀)


ホウオウジャク(鳳凰雀)のペア。オス(右側)がメス(左側)にアピールしてる写真。
写真は繁殖期の姿で、冬になるとメスと同じような姿になります。
完全に別の鳥ですよね。

今週の一枚:第62回「サファイア(セイキチョウ:青輝鳥)」

2024年01月19日

今週の一枚
サファイア(セイキチョウ:青輝鳥)


2019年撮影の写真
今では、なかなか国内に入ってこないアフリカンフィンチ。もうしばらくすると、貴重写真になるかもしれませんね?

寒い時は食欲モリモリ

2024年01月18日

小鳥さん達は寒くなると、体温維持をする為特別たくさん食事をしなければ生きて行けません。
この時期は特に、皮付餌用のエサ入れ容器は表面積が広い容器でないと、表面に食べかすの剥いた皮がかぶってしまいその下の皮付餌を食べられなくなってしまい、 餌が有るのに食べられず落鳥るす事故が起きやすくなる時期です。
皮付餌の餌入れだけは、思いっきり大きな容器をご使用される事を、強く薦めいたします。

寒くても水浴します

2024年01月16日



最近本当に寒くなりました。でも小紋鳥さんはそんな中でもしっかり水浴びをしていました。
ここバードルームの水は地下水をくみ上げての水ですので、水道水よりは水温は暖かいと思われますので多少は良のかな?
しかし、水浴後はやはり寒いようですぐ温熱球前で暖を取っていました。

今週の一枚:第61回「ヒメコンゴウインコ」

2024年01月12日

今週の一枚
ヒメコンゴウインコ


ヒメコンゴウインコのヒメちゃんは止まり木の横の網に止まり、羽を少し広げ小刻みに少しだけ広げたり閉じたりするしぐさをしています。

ワキワキと表現される事もある動きで、暑い時もありますがご機嫌な時にも見せる仕草です。カワイイ姿ですね。

Page 1 of 106 1 2 3 4 ... 106 »